はりきゅう治療とは

鍼灸(しんきゅう)ってなに?

鍼灸とは中国の古典理論に基づいた中国医学(漢方医学)で用いられる治療法で、おもに鍼(はり)と灸(きゅう)を使って治療を行います。
日本には飛鳥時代に鍼灸の技術が伝わったとされ、日本人の体質に合わせて変化・発達してきました。
最近ではWHO(世界保健機関)にその効果が認められ様々な現場で活躍しています。
えにし堂では中医学に基づいた診断からツボを選び根本から治療するとともに体質を改善し健康な体をつくることが出来ます。

 

鍼灸治療のはりってどんなの?

鍼灸治療に使われる鍼の多くは0.12mm~0.20mm(0.02mmずつ5種類)で注射針の半分ほどの太さで、注射針の穴に鍼灸の針を何本も通すことが出来ます。
また当院では衛生面を考え鍼は全てディスポ―ザブル(使い捨て)の鍼を使用し、使いまわしや置き鍼(鍼を購入してMy鍼として繰り返し使うこと)はしておりません。

 

鍼灸治療ってこわくない?

韓国や中国のドラマで鍼を刺すシーンを見るといかにも痛そうですよね。
中国の鍼灸治療というのは元来の体の強さからどうしても強い刺激での施術が好まれるからなんです(時代背景もありますが…)。
日本は島国なのでそれほど体が強くなく感受性の高い方が多いです。
なので、日本の鍼灸治療はなるべく優しい刺激で鍼を打つことが出来るように進化してきました。鍼先も痛みが出ないよう日々研究されています。
えにし堂ではその中でも特に痛みが少ない治療道具を選び、リラックスして受けて頂けるよう日々技術の研鑽をしております。
それでも感受性が高く過敏な方には接触鍼(せっしょくしん:刺さない鍼でツボに当てたり擦ってツボの流れを良くする)を利用して治療することも可能です。

 

お灸って熱くない?

お灸は据え方ひとつで熱の調整が可能です。
えにし堂では主に八分灸といって「米粒ほどのもぐさを8割まで燃やして消火」する方法で据えていきます。この据え方なら熱感は温かく安心して治療を受けていただけます。
ただし、症状によっては最後まで燃焼させる透熱灸(とうねつ灸)という方法を用いしっかり効かせることがありますが、この場合は説明と患者さまの同意を得てから行っていますのでご安心ください。

 

鍼灸治療って何に効くの?

鍼灸治療の効果は実に様々です。
血行を促進させ全身の血流を改善し、患部の炎症・筋肉の凝りや張り・冷え性などを改善。
体内に侵入した鍼を異物と判断し白血球など免疫細胞が増殖することで免疫力が活性化し、風邪や感染症にかかりにくくする。
鍼灸治療は自律神経を調える効果が高く、内臓の不調・不眠・うつ傾向などに効果的。
など様々な症状に効果があり、即効性も高いのがはり治療です。
えにし堂では特にぎっくり腰・寝違え・捻挫などの急性外傷・内科系疾患・婦人科疾患の方には特にお勧めしています。
細かい適応疾患を以下にまとめておきましたので参考にしてみてください。

WHO(世界保健機関)が鍼灸が有効と認めた疾患

 

鍼灸治療を保険で受けられる?

鍼灸の保険治療には適用疾患に対する医師の同意書もしくは診断書が必要です。

同意書は当院にてご準備いたしておりますので一度ご相談ください。

鍼灸保険適用疾患

①神経痛

②リウマチ

③頚腕症候群

④腰痛症

⑤頸椎捻挫後遺症

 

 

この他にわからない事があればいつでもご相談ください。

☎で問い合わせ
0742-81-9503

LINE@で問い合わせ
友だち追加