重大なお知らせ

選ばれたのは・・・

こんにちは、院長の福井です

本日は皆さんにお伝えしたいことがあります・・・

 

えにし堂鍼灸整骨院は

紹介サイト「エキテン」の12月度

口コミランキング地域1位に選ばれました!!\(^〇^)/ヤッター

当院に足を運び、元気になられた患者さま達のご協力あってのことです!

 

12月25日でオープンから丁度半年となります。

この半年間たくさんの方とご縁をいただき

たくさんの方に笑顔になっていただく事が出来ました。

 

年が明けると1周年に向けた下半期がスタートいたします。

と、ともに1月~4月(冬~春)は寒さと気候の変動で

1年で一番体調を崩しやすい季節です。

この時期に身体をケアしておくことが1年間の健康にもつながります。

 

冬に多い疾患

東洋医学で冬は五臓(肝・心・脾・肺・腎)の「腎」の季節と言われています。

寒くなってくると「膀胱炎」などの泌尿器系の疾患が増えます。

また、腎は腰の高さにあるので、腰から下肢に症状が現れ「腰膝酸軟」という症状も現れます。

【腰膝酸軟】

腰から下肢(特に膝)に力が入らず歩くと膝が崩れそうになる状態をいいます。

患者さんの表現としては「腰がだる重い」「腰から足に力が入らない」と訴える方が多いです。

このような症状の方は腰や臀部が冷えている方が多いのも特徴です。

季節と関係する「腎」の反応は腰・膝に出やすいので、腎に対して「温める」方針で施術を行います。

悪化すると春先にギックリ腰になったり、座骨神経痛や椎間板ヘルニアなどの原因になるため

この時期にじっくりといたわることが何よりも大事です。

【膀胱炎】

寒くなると膀胱炎になる方も多いです。

特に年末~年始にかけての膀胱炎の原因は

①寒さによる冷え

②肉体的疲労

③精神的疲労

が多いようです。

①は冷えが冬の五臓である「腎」と五腑である「膀胱」に影響するため

免疫力が低下するのが原因です。

②③に関しては年末年始の忙しさ、親戚と会って緊張など思い当たる節がたくさんありますね、

それらがひと段落したころにフッと気が抜けて風邪をひいたり膀胱炎になる方が多いです。

こちらも腰や下腹部を温める施術を行い治療していきます。

 

「腰膝酸軟」も「膀胱炎」も症状が出る前に予防できるものです。

事前に対応することで未病治を行う。

それが東洋医学・鍼灸治療の有利な点ですので

症状が発生して困る前に手を打っておきましょう^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA