交通事故治療について

交通事故治療について

自動車や自転車などで交通事故にあっても、症状が何もなければ病院に行かない、という方は多いのではないでしょうか。

しかし、事故の直後は興奮状態でアドレナリンが過剰分泌されていることが多いので、身体の不具合を感じていないだけかもしれません。

思う以上に小さな衝撃で人体は歪みを生じます。

「大したことは無いだろう」と油断をして時間とともに頭痛などに襲われ、日常生活に支障をきたすこともあります。

交通事故の治療は自賠責保険が適用されれば治療費がかかりません。時間がたってから重い症状に悩むよりも早めにご相談ください。

 

整骨院で交通事故治療を行う意義

交通事故では車両やガードレールなどの損害状況で事故の大きさを測ることが多く、「車のフロントが少しへこんだ程度だから小さい事故」と思われがちです。

ですが車両の中にいる人体への衝撃は体で感じるよりも大きいもので、この衝撃が原因で骨格が歪んだり一生ものの後遺障害を背負うことも多々あります。

当院では”標治法&本治法’’の考え方から

①今、発生している痛みに対して行う「鎮痛」の治療

②これから、発生するであろう痛み後遺障害に対する「整体」の治療

を行うことで痛みと不安を取り除き、健康で幸せな日常を取り戻すことが可能です。

 

こんな悩みはありませんか?

✔ 病院に通院したけど異常がない
✔ 痛みが常にあり、気分が悪くなることもある
✔ 事故にあってからめまいがする
✔ 手足に力が入らない、体に違和感がある
✔ 痛みがあるけど、仕事を休むことができない
✔ 痛みがあるのに、病院では痛み止めの薬しかもらえない

 

交通事故治療の3つのポイント

自賠責保険適用で自己負担0

交通事故の場合、自賠責保険や任意保険を適用して、自己負担無しで専門的施術を受けることができます。

通院に罹る交通費や休業補償などもあります。せっかく用意している保険です。しっかり使って体調を整えましょう。

整形外科との併院も可能

ムチウチ症状等が改善されないまま病院や整形外科への通院が続いて先行きに不安や治療方針で迷っている場合は、当院との併院も可能です。

当院は、すべてに患者さまが健やかで幸福な人生を送れるよう患者さま自身の健康意識を高め、共に完治を目指し、少しでも早く仕事や通常の生活に復帰できるようサポートします。

保険会社との手続き代行

患者さまに治療に専念していただけるよう、保険に関する書類の作成や提出、保険会社とのやり取りなども当院で承ることができます。

安心して治療におこしください。

 

交通事故治療の流れ

1,警察・救急への連絡

負傷者が軽傷なら安全なところに避難し、重症の場合は動かさずに救急車を手配してください。

それと同時に警察への連絡をしましょう。

警察への届け出を怠ると保険会社に保険金を請求する際に必要となる交通事故証明書が発行されません。

2,相手方の情報を確認する

相手方の訴状を確認することは重要です。

ドライバーと車の所有者が違うケースも考えられるからです。

3,保険会社への連絡

早めに保険会社に事故の連絡をしましょう。

最近では24時間対応している保険会社さんもあります。

4,病院を受診

たとえ軽症でも必ず病院の診察を受けるようにしましょう。

これはとても大事です。

事故直後には興奮状態で痛みがわからなくても、時間とともに痛みが発生し始めるからです。

不調に感じたところは全て医師に伝えて、必要ならレントゲン・CT・MRIなどの精密検査も受けてください。

また、事故から時間が経ってからの受診では因果関係が認められず、自賠責保険での治療を受けられなくなってしまいます。

なので交通事故にあったらそのまま病院を受診することをお勧めします。

5,当院へのご来院

当院を受診される際はその旨を保険会社にご連絡ください

ご来院された際は、詳しく症状や痛みに関して問診・検査いたします。

その後問診・検査から得た情報を基に患者さまの症状にあわせた治療計画を立て、最も適した施術を行います。

 

交通事故という非日常の体験の中で、冷静に自身の健康を考えることは非常に難しいことです。

ですがそのまま放っておくと後で取り返しがつかない事態になり、悔やんでも悔やみきれないことになります。

そんな時こそ健康のプロである我々を頼ってください。

「今」悩んでいる痛みも

「これから」の悩みである将来への不安も

全てを解決して元の健康な状態を取り戻しましょう。